入れ歯DENTURE

入れ歯の重要性

歯が無くなってしまうと、食事が食べにくくなったり、物が挟まりやすくなったりするだけでなく、隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた歯が伸びてきたりと、お口の環境を大きく変えてしまう可能性があります。それにより、顎関節症や肩こりなどを引き起こすこともあるため、もし歯を失ってしまった場合は、何かしら代わりとなるものを作る必要があります。
入れ歯は多くの歯を失っても、他の歯への負担少なくなくなった部分を補うことの出来る治療です。

入れ歯の種類Denture type

レジン床義歯Resin denture

レジンと呼ばれるプラスティックと金属でできた入れ歯です。
保険適応のため、安価に作製することができます。

    メリット
  • 保険適応のため、安価
  • 修理が簡単
    デメリット
  • 柔らかい素材を使っているため変色などが起こりやすく、また金属のバネが目立ちやすい
  • 柔らかい素材を使っているためこわれやすく、また分厚いので違和感が強い

ノンクラスプ義歯Non clasp denture

グラスファイバーという、強靭な素材を使用した義歯です。
強いですがしなやかで柔らかい素材のため、痛みが出にくいのが特徴です。

    メリット
  • 金属のバネを使用しないため、金属色が見えにくい
  • しなやかな素材を使っているため、折れたり割れたりしにくい
  • 弾性のある素材を使っているため、フィット感が良い
  • 着色などがしにくく、
    汚れにくい
    デメリット
  • 修理がしにくい
  • 保険診療外のため、高価
  • 欠損歯が多い場合は
    作ることができない

シリコン床義歯Silicon denture

ゴムに近いシリコンを粘膜との接触面に使用した義歯です。
歯茎に当たる部分が柔らかいため、痛みがより出にくい作りになっています。

    メリット
  • 粘膜と接する部分が柔らかい素材でできているため、痛みが出にくい
  • 金属のバネを使用しないため、金属色が見えにくい
  • しなやかな素材を使っているため、折れたり割れたりしにくい
  • 弾性のある素材を使っているため、フィット感が良い
  • 着色などがしにくく、
    汚れにくい
    デメリット
  • 修理がしにくい
  • 保険診療外のため、高価
  • 欠損歯が多い場合には作ることができない

金属床義歯Metal denture

欠損歯が多い場合、多くの歯を支えるため、保険の義歯ではどうしても入れ歯自体が分厚くなってしまい、違和感が大きくなります。金属床義歯は、強度が必要な部分を金属に置き換えることで、厚みを最小限に抑え、違和感を少なくした義歯です。

    メリット
  • 義歯自体が薄いため、
    違和感が少ない
  • 金属を使っているため、
    強く壊れにくい
  • 温度を感じられるため、
    食事がおいしい
    デメリット
  • 修理がしにくい
  • 保険診療外のため、高価
  • 金属の味がすることがある

〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町1番23号(ビエラ海田市1階)

9:00-13:00
14:30-19:00

【土曜日】 14:00~18:00
【休診日】 日曜日・祝祭日